テーマ:特許情報分析

特許情報から分かることーアライアンス先探索編ー

引き続き、特許情報から分かることをお届けします。 今週は、アライアンス先探索編です。 あるプロジェクトの設計段階で自社技術だけでは必要な機能のすべてを提供できないと判明した場合や、プロジェクトがある程度進行した段階で、予定していた技術では想定していた性能や精度が出ない場合に、自ら新たに技術開発すればリリースや販売のタイミングを逸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許情報からわかることー侵害可能性調査編ー

先週は、技術動向調査編についてご説明しましたが、今週は他社権利の侵害可能性調査について概要を説明したいと思います。 この調査では、これから新たに研究開発する自社技術や既に開発した技術を権利範囲に含む可能性のある他社権利を抽出することを目的とします。 この調査により、予め侵害する可能性のある権利を発見し、発見された権利に応じたさま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許情報から分かること-技術動向調査編ー

前々回のブログで、特許情報から分かることについて簡単に説明させて頂きましたが、抽象的な話ですと、イメージが掴みにくいと思いますので、これから数回に分けて、特許情報から分かることについて、具体例を挙げて説明していきたいと思います。 今回は、技術動向調査編です。 御社がこれから研究開発しようとする技術について、既にどのような技術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特許情報、特許出願情報の活用

こんにちは。さわべ特許事務所のさわべです。 前回は、他社の事業戦略を知るための特許情報の活用について、 お話させていただきました。  前回のような検索件数が非常に多く、適切な切り口で分析する必要 がある調査は、特許事務所や、調査会社等に任せることが効率的 だと思います。 しかし、特許出願情報(含む特許情報)には、みな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more