日本弁理士会:漫画「閃きの番人」

特許等の知的財産が自社にどのような影響を与えるかは、なかなかイメージしにくいため、知的財産の重要性を漫画で理解していただけるよう、日本弁理士会では、弁理士・西屋ジョージと新人弁理士・桐生眞理がクライアントからの依頼を解決していくストーリを公開しています。 本日は、一昨年の公開で少し古いですが、IT企業での特許侵害に関するストーリを…
コメント:0

続きを読むread more