「産業競争力とデザインを考える研究会」の報告書の発表

特許庁は、デザインによる我が国企業の競争力強化に向けた課題の整理とその対応策を検討し、『「デザイン経営」宣言』として報告書を取りまとめたことを2018年5月23日に発表しています。
http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002.html

(1) 産業競争力とデザインを考える研究会報告書『「デザイン経営」宣言』
(2) 報告書別紙『産業競争力の強化に資する今後の意匠制度の在り方』
(3) 報告書別冊『「デザイン経営」の先行事例』
(4) 産業競争力とデザインを考える研究会報告書『「デザイン経営」宣言』(概要)

が公表されており、そのなかでも(2)は、今後の意匠制度を考える上で、重要です。
http://www.meti.go.jp/press/2018/05/20180523002/20180523002-2.pdf

このなかで、意匠法での保護対象として、顧客との接点となるUIやUXのデザイン等の「画像デザインの保護」や建築物の内外装のデザイン等の「空間デザインの保護」が不十分であること、ブランドを形成するための「一貫したコンセプトに基づく製品群のデザインの保護」が不十分であること等が課題として挙げられており、その部分を解決する法改正となるのではないかと期待されます。

IT分野では、ユーザの使い心地、満足感に直結するUIやUX、さらには、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)技術が十分に保護されることによって、デザインに多くの資金が投入され、さらに革新的な技術が生み出されると思いますので、十分な保護と簡便な手続きとなる法改正を望みます。


さわべ特許事務所
http://sawabe-pat.com/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック