弁理士さわべゆみこブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS シャープの業績回復を考える。

<<   作成日時 : 2018/02/02 17:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年に鴻海精密工業(ホンハイ)に買収されたシャープの業績が好調であることを記事が伝えています。

4-12月期(3Q累計)4年ぶり最終黒字
https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=k201801310211

昨年(2017年)3月の記事ですが、新社長が旧シャープの問題点を語っています。
戴正呉社長、本社で初の記者会見記事
http://news.livedoor.com/article/detail/12918942/

特許出願の側面からシャープの技術開発の現場を見てみると、買収前後であっても特許出願件数は前年を超えており、技術開発は堅調だということがわかります。
2017年 出願公開件数
https://ipforce.jp/applicant-576-0-1-2017?tabid=2

また過去の教訓を生かし、次世代のモバイル通信規格「5G」の標準化作業に参加し特許取得に力を入れているそうですし、
https://japan.cnet.com/article/35112132/

8Kテレビやスマート家電で特許収益化も図っているようです。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-10-04/OXA6LR6S972901

このように経営と技術開発(と知財)の歯車がうまく回り出した、日本企業の底力は本当に素晴らしいと感じています。
シャープのような大企業だけではなく、中小・ベンチャー企業でも経営と技術開発(と知財)のバランスが素晴らしい会社はたくさんあり、そのような会社がこれから大きく発展していくことを願っています。

シャープもいいことばかりではなく、米国での「シャープ」「アクオス」の商標の使用をハイセンスに許諾したことから、自社で使用することができない事態となっています。
シャープ商標、中国大手が継続使用の方針 米テレビ市場
https://www.asahi.com/articles/ASK7W675DK7WUHBI026.html

シャープブランド使用権、買い戻し要求拒否
https://mainichi.jp/articles/20170728/k00/00m/020/056000c

これまで築き上げてきたブランドの価値の大きさと戦略の大切さを改めて感じる一件ですね。


さわべ特許事務所
http://sawabe-pat.com/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャープの業績回復を考える。 弁理士さわべゆみこブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる