2015年の米国特許取得件数が発表されました。

2015年の米国特許取得件数が発表されました。
米国特許取得件数の総数は、29万8407件で、特許取得第1位は23年連続のIBM7355件だそうです。
http://news.braina.com/2016/0114/move_20160114_001____.html

IBMの取得特許については、こちらにより詳細に報じされています。
http://japan.zdnet.com/article/35076387/

2015年に取得した特許の内訳では、コグニティブコンピューティングなど今話題の人工知能関係も多く、このような特許技術が、IBMの製品である「Watson」にも搭載されているものと思われます。

記事にも触れられている米国特許第9117446号は、出願日が2011年8月31日(優先権のもととなった出願の出願日は2010年8月31日)と5年以上前から技術開発がなされ、アイデアが確立されていることが分かります。
絶え間ない技術開発が他社を制する技術を生み出し、特許を取得することによって、この分野としてのリーダーの地位を確固たるものにしていると考えられますね。

さわべ特許事務所
http://sawabe-pat.com

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック